2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探索してみよう

インドを一言で表すなら、『カオス』

喧騒。動物。埃。溢れる人々。ゴミ。ところ狭しと並ぶお店。
カオスと言っても、決して悪口で言っているのではありません。
この「生きている町」からは、何かが生まれるんじゃないか、何が次起こるんだろう、と常にわくわくさせられます。

たまにその喧騒に耳をふさぎたくなる時もあるけれどw、ここに来れば、
日本の秩序だった街並みからは考えられない雰囲気に浸ることができます。


ということで、今日はそんなカオスな『街並み@マドゥライ』をご紹介していこうと思います!

先日、取材旅行の関係でチェンナイ、ポンディチェリ、ナガパトゥナムを訪れたのですが、それぞれ雰囲気が全然違っていましたね。
インドを旅行しようと考えている方、時間があれば、色んな町を訪れて比較してみても面白いかもしれません。

というわけで街並み紹介はーじまーるよー!


★街並みその1:「町の中心部」

町の中心部

マドゥライは、ミナークシー寺院を中心に■の形にできた町です。
寺院の東西南北からは、それぞれこの写真のような大通りが走っています。
と言ってもそんなに秩序だった街並みじゃないので、ちょっと慣れるのには時間がかかりますね笑

あと、歩行者とリクシャ(黄色い小型タクシー)と車とバイクと(たまにウシ)で溢れているので、
気を付けて歩かないとすぐに何かにぶつかりそうになりますww



★街並みその2:お気に入りのお店 「SHOPPERS SHOP」

shoppers' shop

ここは先ほどの寺院の西に走っている大通りに面しているお店ですね。
主に輸入品などのちょっと高級めの商品を扱っているお店です。

私たちはここのお店の常連と言っていいくらい二週間に一度は通ってます笑

さて、ここで何を買うのか。
まず勿論…「スイーツ!
欧米のクッキー、チョコなどが揃っている為、欧米から来た皆には馴染みのあるお菓子が並んでいます。
あと私は、筆記用具やシャンプーなどの日用品も買うことが多いですね。
何より、トイレットペーパーは普通のインドのお店では売っていないので、ここで買わなければなりませんww


★街並みその3:お気に入りの市場 「テイラーズマーケット」

テイラーズマーケット

ミナークシー寺院の東門付近にある市場です。(テイラーズマーケットは私たちの間での通称ですw)
昔ながらの寺院の中に作られているんですよ!

そしてところ狭しとお店が並んでいます…スカーフ、アクセサリー、バッグ、仕立て屋さん、金物屋さん
お土産なら全部ここで揃うんじゃないかってくらいww
見ていて本当に飽きないです。そして人が多いと通るのに苦労しますねww

ちなみに、何かお土産のリクエストがあればコメントにお願いします(´ω`)


★街並みその4:お気に入りのお店 「果物屋さん」
果物屋さん

ここは、私たちのオフィスの、道路を挟んで向かいにある果物屋さんです。
フレッシュな果物が食べたくなったらここに行ってます^^*

売っているのはオレンジ、バナナ、レモン、キウイっぽいやつ、ブドウ、パイン、メロン、ザクロなどなど…
ちなみに、オレンジ二個で50ルピー(75円)くらいですね。

この店の奥ではちょっとしたお菓子も売ってるので、疲れた時にはここ!ですね笑


実はまだまだお気に入りのお店もあるので、次回も街並み紹介を続けます!!


こういうインドのお店で買い物をしていて思うのは、お店の人との会話が多いなぁっていうこと。

単に値段を尋ねたり、売ってるお菓子の名前を聞いたり、むしろお店の人から話しかけてきたり…
そもそも、値札も付いておらず、レジシステムもないことが殆どですし、特にテイラーズマーケットでは値切ってナンボなので喋らなきゃ始まりません!!

お釣りがないこともしょっちゅうで、たまにお菓子をお釣りの代わりにくれたりすることもあります。
不便なこともありますが、個人的にはこういうお店の人とのやりとりが大好きです。

日本のように、バーコードシステムが発展していると、確かに在庫管理やお勘定が効率的でしょう。
特に、今日本では商店街がすたれ、ショッピングモールや大型スーパー、コンビニ、チェーン店が幅を利かせている。
ただ、そこでお店の人とお客さんとの間で会話って発展するでしょうか?

「いらっしゃいませー」「○○円になりますー」「有り難うございましたー」
そういった型にはまった会話ばかり。無機質なやりとり。

日本が嫌いなわけじゃありません。
ただ、インドで生活し、自然なやり取りを楽しんでいると、日本の(特に都会の)『顔のない社会』がとても奇妙に思えてくる。
先月ブックレビューを書く為に読んだ、「Small is beautiful」でシューマッハが指摘していたことが実感を持って理解できる気がします。

その中でもお互いの目を見て、本当の会話をして、笑顔をやり取りする、そういう関係を忘れないでいたいものだなぁと思います。

ちょっと街並みから話はずれましたが、インドの面白さを少しでも伝えられればと思って書きました。

では、ご覧くださって有り難うございました!
スポンサーサイト

● COMMENT ●

地元の人目線

はなちゃん、元気そうだね^^

お店の人との会話が多い、日本の店-客関係は無機質、なるほどな~って思った。
こういう「その地に長くいるからこそ分かる発見」好き。

応援してる^^

>tak様

久し振りー!コメントとても嬉しいです!有り難う。

ここに来てもうすぐ二カ月になりますが、日本から抜け出して、外から見る体験って本当に大事なんだなって思った。
その背中を押してくれたTakを始めアイセックの合宿で会った皆には本当に感謝してます。
Takのブログも更新楽しみにしてます!^^*


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hanarakids3.blog.fc2.com/tb.php/11-ef5993a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お詫び&募集 «  | BLOG TOP |  » DIWALI!!

プロフィール

hanarakids

Author:hanarakids
★出身地:うどん県。
★所属:東京の大学
★現在地:うどん県。10月9日よりインド。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
マメ知識 (0)
雑感 (2)
インド (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。