2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住!

こんにちは!

月曜日が始まりましたねー!
前回お仕事について紹介しましたが、今日来年の1月号で取材する対象が決まりました
何について書くかは記事が出来てからのお楽しみということで…笑

実は「マドゥライメッセンジャーWEB版」も存在するので、私の記事が載ったら紹介していこうと思います。


さて、今日も暑いです…モンスーンなのに全然雨が降らない。
おそらく25度ちょいあるんじゃないかな…
そんな暑さをどうやって乗り切っているのか。

その秘訣はこれ↓
ファン

そう、天井についたファンなんですねー!

というわけで…今回のトピックは…「住」!!
ご覧の通り、自分で撮った写真もちゃんとアップ出来るようになったので、この調子でどんどんいきますよ!!


★建物その1:我が家

まずは私が4カ月お世話になっているmy sweet home!!

我が家

ご覧の通り、でかいです。
二階建てで、一階に私たちボランティアの部屋が二つ、子供部屋、キッチン、リビングがあります。
ニ階は家族の皆さんの部屋ですね。
実は屋上もあって、そこからの眺めは本当に素晴らしい!
そこで夕方果物を食べつつお喋りするのが大好きです。

床はなめらかな石(タイル?)なので、中に入るとそれだけでかなり涼しいです。

ちなみにお庭もあります。広いです。

ホームステイ出来るだけあって、やはりこのご家庭はかなり裕福な部類に入りますね。


★建物その2:自給自足のエコハウス

自給自足

こちらは、自給自足の生活をしている小さなコミュニティのお家です。
自然に優しいものだけを使って建てたそうで、土壁、藁ぶき、木の骨組みだと思われます。

山奥、しかも山腹に建てられている為、中はちょっと湿っぽかったり寒かったりはしますが、おとぎ話に出てくる家のようでとても居心地が良かったです^^*


★建物その3:貧しい人々の家

スラム

市内には少ないですが、やはり農村や海沿いの村に行くと、こういった家もまだまだ沢山見られます。
勿論、こういうものばかりではないですよ。
ただ、こういうものが存在するのも事実。

目を背けてはいけないですね。

インドは、外からは見えない文化や心理的なシステムが存在します。
おそらく、私がそれを完全に理解することは出来ないでしょう。
ただ、目を見開いて、しっかり捉えようとする姿勢は忘れないようにしたいと思います。

では、ちょっと住から話がずれちゃったけど…疲れちゃったので以上ww

またね!!
読んで下さって有り難うございました。

お仕事。

こんにちはー!

さてさて、11月になりましたね。
私は未だにTシャツと薄い長ズボンで過ごしています笑
暑い時はこんな感じの思いっ切り夏スタイルで過ごすことも(↓)。

ラメシュワラム


それでも、インドも一応「冬」なんですよー!
私が到着した10月頭に比べると、格段に涼しくなりました。
多分平均気温は25度くらいじゃないかなぁ…
雨も割と降っていて、ほぼ毎日曇り空ですね。

日焼けしなくて済むのでとても助かってますよー笑


さて、「なんで毎日ブログ書けるの、暇なの?!」という声が聞こえてきそうなので仕事の紹介をば少し…

私が利用しているのは、「Project Abroad」という団体です。

プロジェクトアブロード
参考:プロジェクトアブロードページ

途上国を中心に27カ国にインターン生を派遣している団体で、インターンの種類も様々です。
私がやっているのはジャーナリズムインターン(3カ月)と教育(1カ月)ですが、
他にも医療、ケア、教育、環境保護、スポーツ、建築など、様々な種類があって自由に選べます。

私がインターンという選択肢を選んだのは、
1:働く経験 2:海外で英語 3:日本と全く違った生活環境
を体験したいと思ったからでした。

その中でなんでこの団体かと聞かれると、「安全性」ですかね。
やはり親の協力があってこそ参加させてもらえる以上、そこは譲れませんでした。


…私の事は取り敢えずおいといてですねw

どんな仕事をしているのか。
ずばり、「雑誌製作」!!

雑誌そのものの写真を載せたいんですが…私の写真が容量大きすぎて載せられないw
というわけで、WEB板をば。
madurai messenger
参考:マドゥライメッセンジャー


月ごとにトピックが決まっていて、それに沿って取材をし、記事を書いて、編集してもらって、出版という流れ。
例えば、12月号のトピックは「sustainable living」で、自給自足の生活をしている村を取材したり、私は古本屋さんの取材をしたり、って感じですね。

今はちょうど締め切りが終わって、次の号に向けての準備期間ってとこです。

…だから仕事が少ないんですよ!!
決してサボっているわけじゃないんですよ!!笑


というわけで、これからは受け身ばっかりじゃなくて自分から何かできることを探さないとと思っています。
このブログもその「自分から発信する」ことの一つだと思ってます笑

ではでは、次回こそ食…の続きをかけたらいいなw

では!!
毎回読んで下さって有り難うございます!!

食…と思いきや!

こんにちはー!
仕事がひと段落してるので、今日も更新していきます

…でないと次いつ更新する気力がわいてくるかわからないからねww

取り敢えず、今は仕事が無い時でも状況をどう改善できるかを考えて、同じインターン生に話してみようと考えています。
愚痴を言ったり待ってるだけじゃ何も変わらないもんね!


さて、今回は「食」の第二回、「お米系統」「その他」をお送りするとお伝えしていましたが…
ニ回連続で「食」も面白くないだろうと。

だから、ちょっと変えてみました。
今回のトピックは…「衣」
つまり、着るものに注目してみました。


★衣その1:サリー

サリー


いわずもがな、インドのイメージそのままですね。
MADURAIはかなり保守的な町なので、サリー以外を着ているインド人女性はほとんど見かけません。
サリー以外を着てたらほぼ間違いなく観光客OR外国人ですね。

では、それじゃ画一的にならないのか?
ならないんですねー。
本当に様々な色とデザインがあり、見ているだけで飽きないです!


★衣その2:サルワールまたはパンジャビ

パンジャビ

インドの未婚女性が多く着用しているのがこれ。
名前は自分で調べたので正しいかは分かりませんが…
ちなみに、インドの女子学生の制服もこれに近い形をしていますね。

サリー(4~5メートルの一枚の布を自分で巻く)よりは、だいぶ着るのが楽なのではないかと笑

インドに居る間にどちらかにはチャレンジしてみたいなぁ…


★衣その3:ドウティ

ドウティ

さてさて、次は男性編。
街中で働く人たちや家でよく着られているのが、このドウティ。
腰布の一種ですね。

ルームメイトの一人が、最初これを見た時は「お風呂から出てきたばっかりかと思った」と言っていましたがw

邪魔にならないようたくしあげたりいろいろな着方があるみたいです。



★衣その4:ズボンとカッターシャツ

そのままですねww
マドゥライでは特に、男性はこの姿かドウティか、ってとこですね。
イギリスの植民地時代の名残があるのかなぁと思ってみたり…

他の町ではジーパンをはいている人もちょくちょく見かけますが、マドゥライでは少数ですね。


あ、そうそう、私もこちらに来てからアリババスタイルをこのんで着ています。
アリババスタイルとは何なのか…次回のお楽しみということで!笑

ではまたね!
ご覧くださって有り難うございました。

食べ物!

はっぴーはろうぃーん!!

先週の木曜に大きく体調を崩し、吐いたり寝込んだりしておりましたが、やっと本調子に戻ってきました。
体調が良くないと精神的にも気弱になってしまうので、やはり健康って大切ですね。
丈夫な体に産んでくれた親に、心から感謝したくなりました。

というわけで、やっとブログも更新できる次第であります。

ちなみに、インドにハロウィンの文化はありませんwww
ただ、今日は地域のholidayらしく、そのせいか市の中心部でデモ?みたいなのして騒いでる人達がいるらしいです。
念の為、市の中心部には行かないようにと言われました・ω・`
何をアピールしたくてそういうのやってるのか興味はありますねww


さてさて。
今回のテーマは「食」!!

インドというとカレーのイメージが強すぎるようですが、そんなこともないんですよ。
私がこちらに来てからよく食べている食事を紹介していきますね。
ただ、いかんせん沢山種類があるので、今日は「パン系統」だけ。


★パン系統その1:チャパティ
チャパティ

一見ナンに見えますが、ナンよりだいぶ薄く、時にはパリパリしています。
カレーのようなスープにつけて食べることが多いですね。
これはインドは基本的な家庭料理らしく、これが作れないとお嫁にいけないとかw

ちなみに、こちらに来てから殆どナンは見かけていません。
ナンは北インドのものみたい。


★パン系統その2:パロッタ

パロッタ

あれ、また同じものじゃ…と思った人。
インドに来るべきですねww

これはパロッタと呼ばれるパンで、チャパティーよりだいぶ厚いです。
何層かに重ねてあるのかな? もっともっちりしていて、私の大好物です。
これもカレーのようなスープに付けて食べますが、単体でもなかなかイケますよ♪


★パン系統その3:イドリー

イドリー

白いふっくらした蒸しパンみたいなものですね。
ちょっと酸味があって、インドでは朝食としてとてもよく食べられるものだそうです。
私はスープに付けて食べるよりも砂糖をまぶして食べるのが好きです。


…そろそろお腹がすいてきたぞ…(ちなみにまだ朝の10時半)
気を取り直して続けます。


★パン系統その4:ドゥーサ

ドゥーサ

…これは…どう表現したらいいんだろう、もんじゃ焼きのぱりぱりバージョンみたいな?笑
めっちゃ薄くて、パリパリです。(←ボキャブラリー不足)
パンというよりは、ポテチくらいの触感をイメージしてもらったらいいかもしれません。
若干味もついているのですが(もんじゃっぽい)、やはりカレーのようなスープにつけて食べます。


…こうしてみると、なんだか全部カレーっぽいスープにつけてることになるなww

まぁ全部似たような味にはなりますが笑、なかなか面白いわけです。
特にメニューも英語(とたまにタミル語)で書かれているうえ、写真が載っていないことが多いので、最初の方はもうあてずっぽう。

日本だと好きなものを頼んじゃうので、こういうチャレンジが出来るのもインドならではかなと。


ちなみに、MADURAIでは圧倒的に「VEG=ベジタリアン」用のレストランが多いです。
別の街に行くと、お肉が多かったりもするんですけどね。

お肉と言っても、やはり使われているのはほとんどが「鶏肉」
牛は神聖なものですし、豚はヒンドゥー教徒の不浄なものだから、だったっけ?
あと、お魚もほとんど見たことないですねー…
一回カレーのようなソースに入ってたくらい?

ちょっと日本食が恋しくなるこの頃でした


では、次回は「お米系統」「その他」をお送りします♪

ご覧くださって有り難うございました。

乗り物。

日本を発って早10日

昨日、ルームメイトのキャロライン(デンマーク出身の22歳)が言ってたように、
「もう10日!」という驚きと、「とても長い間インドに居たような気分」が混在しています。
今朝はなぜか急にホームシックになりかけましたが、仕事している内に忘れましたねw

さて、今日からはインドでの生活を少しずつ紹介していこうと思います。
(ちなみに今はランチ食べたりまったりしているだけで、仕事をサボってるわけじゃないですよー!


そして、今日のテーマは…じゃかじゃかじゃかじゃか乗り物!!!!!

①乗り物その1:
まず、私たちインターン生の足ともいえるのが「リクシャ」

リクシャ

近距離を移動するのにはうってつけです。
後部座席は3人がけなのですが、頑張れば5人は乗れますww(実証済み)
雨が降ると、かなり辛いですけどねww

リクシャは日本の人力車が由来らしいですが、こちらにも人力のリクシャはあります。
ただ、運転しているのは、身なりから判断すると、割と多分身分の低い人たちじゃないかと思われます。


②乗り物その2:
マドゥライ市民が良く使うのが、「バス」
バス

基本的に行き先などは全てタミル語で書かれているので、私たちには少しハードルが高いです。
ただ、とっても や す い 。
月曜から水曜にかけて、マドゥライから120キロほど離れた所に取材に行ってきたのですが、
そこまで片道4時間、なんとたったの 6 3 ル ピ ー !!
1ルピーが大体1.5円なので、これは1 0 0 円もかかってないことになります。
あんびりーばぼー。

ただ、乗り心地はあんま良くないですw


③乗り物その3:
なんといっても便利かつ乗り心地が良いのが「車(タクシー)」
やはり自家用車を持っている人も多いようです。
前述の取材旅行では、山道を走ることが多かった為、人生初ジープを体験!

ちなみに、市内で見かける車のメーカーは、
・TATA (タタ財閥のあれです)
・SUZUKI、HONDA、TOYOTAなど日本のメーカー
とかかなぁ…あとはよく覚えてません笑


とにかく、これだけ沢山の車やリクシャ、バスが走っていたら、地球温暖化も止まらないだろうなぁと。
彼らは生活の為に走らせているのであって、生きていくのに必要なんですよね。
今日本で流行りのハイブリッド車や、ソーラーカーは高すぎて買えない。
鉄道も、走らせるには今のところ限界がある。

どうすれば環境にも良く、生活にも不自由しない方法が見出せるんでしょうか。
うぅむ。


さて。
メインの乗り物はこんな感じかなー。
まだ鉄道は乗ってないので、また乗ってから感想を書きますね!

では、次は食べ物にでもフォーカスしてみよう。

ばいばい!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hanarakids

Author:hanarakids
★出身地:うどん県。
★所属:東京の大学
★現在地:うどん県。10月9日よりインド。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
マメ知識 (0)
雑感 (2)
インド (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。